婦人

心理カウンセラーになるためには資格が必要|人の心を救う仕事

身体の不調を緩和する仕事

人体の模型

国家資格を取得する

鍼灸師とは、はり師ときゅう師の資格を持っている人のことです。鍼灸師は、鍼と灸を使用して体に刺激を与えて治療を行います。鍼や灸を使用した治療は、日本では平安時代の頃から存在していたとされています。視覚に障害がある方が多く就く職業でしたが、現在では、視覚に障害がない方も鍼灸師として活躍しています。鍼灸師を目指す場合は、国家資格を取得しなければなりません。その為には、まず鍼灸課程を学ぶことができる学校に通う必要があります。そこで専門的な知識や技術を身につけます。はり師ときゅう師の試験は、毎年1回行われています。試験は筆記試験のみで、はり理論・きゅう理論、解剖学や生理学、衛生学などが試験科目となっています。

様々な働き方

はり師の施術内容は、経穴と呼ばれるツボにはりを刺して刺激を与える施術です。場合によっては、電流を流して治療を行います。きゅう師は、もぐさを使用して施術を行います。ツボの上でもぐさを燃焼させて刺激を与えます。現在では、鍼灸師が活躍できる職場は多くあります。鍼灸治療院はもちろんのこと、整形外科や神経内科などの病院に勤務している鍼灸師も多くいます。病院では痛みを和らげる施術を行ったり、リハビリテーションのサポートなどを行います。また、プロのアスリートやスポーツチームなどのトレーナーとして働くことも可能です。美容業界でも、美容鍼灸などを行うエステティックサロンが増えてきているので、女性が鍼灸師になる割合も増えています。