婦人

心理カウンセラーになるためには資格が必要|人の心を救う仕事

しっかり検討しましょう

書籍

活躍の場が増えています

通信教育や資格スクールの講座を見ると、心理カウンセラーに関する講座が必ずと言って良いほどあります。このことから、大変人気があることが伺えます。このような講座を受講する動機は、困っている人に寄り添い、その助けになりたいというケースがほとんどです。また、自らが経験した挫折をきっかけに、心理カウンセラーを目指す方も少なくありません。その経験を通じて得た学びから、同じような境遇の方の力になれるのではないかという思いがきっかけとなる場合もあります。これらの共通点は、人の役に立ちたいという思いです。そして、心理カウンセラーが注目されている理由と言えるでしょう。また、最近では、医療機関や会社、学校、家庭、福祉施設など、さまざまな場面で「心の健康」の重要性が叫ばれています。このように、あらゆる場所で、心理カウンセラーが求められていることが、人気の理由です。

活躍の場を決める重要性

ひとくちに心理カウンセラーと言っても、その資格には、実にさまざまなものがあります。最も権威のある臨床心理士以外の資格を目指す場合は、注意が必要です。その注意点とは、活躍の場をどこにするかを決めることです。これによって、目指すべき資格が変わってきます。では、具体例を見ていきましょう。まず、会社で活躍したい方は、産業カウンセラーを目指すべきです。この資格は、カウンセリングや心理学に加え、労働法規や人事労務について学びます。一般会社の人事部などで活躍するには、有利な資格となります。また、活躍の場を学校にするのであれば、学校心理士を目指すと良いでしょう。また、ひきこもり支援相談士など、家庭問題へのカウンセラーを育成する資格もあります。さらには、医療や福祉施設などで働くには、認定心理士や精神保健福祉士が有利です。一方で、もっと身近な心理学を学びたい方には、認定心理カウンセラーやNLPを学ぶと良いでしょう。このように、ご自身が活躍したい場所をしっかり見極めることで、目指すべき資格が見えてきます。